男性と女性

専門会社を使った翻訳方法

簡単な翻訳なら機械でも出来るようになりましたが、正確な翻訳では翻訳会社が利用されています。日本にはいろいろな翻訳会社があり、それぞれに特徴があります。翻訳の料金体系は単価と文字数で決まり、相場は1文字10円から20円前後です。

男女

翻訳を外注するメリット

翻訳を翻訳会社に外注することにより、契約条件が食い違うことがなくなり、トラブルが避けられ、会社の信用があがります。翻訳会社では英語以外の翻訳も対応してくれて、時間や手間を節約することができて本来の業務を行えるメリットもあります。

パソコンを操作する人

優れた文章を作れる

翻訳会社では医学や薬学といったあらゆる専門的な用語でも翻訳する事ができます。また、最新の用語に関してもすぐに対応しているので、どんな文章でも翻訳可能です。翻訳する人は全て経験豊富な人材ばかりですので、安心して依頼できます。

PC

賢い翻訳の依頼方法

翻訳会社への依頼コストを抑えるために、まず第一に行える事は複数業者から見積もりを取得し、料金の比較を行う事です。またそれ以外でも、翻訳対象となる文書と類似した文書を過去に翻訳した事例があれば、それを参照用文書として業者に提供することで、料金を安く抑えられるケースがあります。

女の人

言葉の壁を乗り越える方法

国際化が進むにつれて必要性が高まっているのが翻訳者ですが、翻訳者への依頼に便利なのが翻訳会社です。翻訳会社には様々な種類があり、ニーズに合わせて使い分けることが出来ます。翻訳会社なら校正・校閲があり、ネイティブチェッカーもいるのでハイレベルな翻訳が実現します。

必ず内容をチェック

パソコン

依頼のプロセス

ビジネスのグローバル化が進む中、これまでは日本語が中心であったビジネスの場においても外国語を目にする機会が増えています。特にクロスボーダーでの取引を行う際には、外国語での文書のやりとりや契約書の締結が求められることが普通となっています。こうした外国語での取引文書や契約書の作成が自社内で可能であればベストですが、困難な場合には、こうした外国語での文書作成や外国語の文書を日本語に翻訳してくれる翻訳会社を活用するのも一案です。翻訳会社では、アポスティーユの翻訳などのサービスも行なっています。仕事などで海外に移り住む場合には、アポスティーユが必要になることも多いので、翻訳が苦手という人は是非専門の翻訳会社に依頼するとよいでしょう。翻訳会社に依頼する場合には、まず数ある翻訳会社の中から依頼する先を選定する必要があります。翻訳会社によって得意な言語や、文書のタイプが異なるため、依頼したいと考えている文書の言語やコンテンツの翻訳に実績のある会社を選ぶことが大切です。依頼に際しては、まず第一に見積もりを取得するのが一般的です。具体的には、翻訳して欲しい文書を翻訳会社に連携し、翻訳作業が完了するまでにかかる日数(納期)や料金の見積もりを出してもらうものです。翻訳会社の選定に迷っているなら、一度に複数の業者に見積もりを依頼し、その見積もりの比較を通じて最終的に依頼する会社を選ぶという方法もあります。見積もり内容に納得したらその業者と契約し、あとは成果物が納品されるのを待つことになります。納品前には業者からドラフトの提示があるため、内容を確認し、明らかな誤訳等がある場合には納品前に修正を依頼することが可能です。

Copyright© 2018 海外進出を検討しているなら必見【最良の翻訳会社を見つけ出そう】 All Rights Reserved.