専門会社を使った翻訳方法

男性と女性

特徴や料金

技術の発達で簡単な翻訳なら機械翻訳でも事足りるようになりました。ですが、正式な契約書や難解な論文などはまだまだ人の力を必要としているのが現状です。また、最近は世界がグローバル化しているので多言語に対応しなければならないケースが少なくありません。そのため現在は多くのケースで翻訳会社が利用されています。日本にはいろいろな翻訳会社があり、それぞれに特徴を活かした業務を行っています。たとえば、英語を専門にしている会社がある一方で、多言語に対応している会社もあります。また、研究機関や大学の実績が多い会社では専門性の高い翻訳者に依頼できますし、マンガや小説などを得意としている会社もあります。このようにたくさんの翻訳会社があるので、依頼したい文書の内容や翻訳文書の使い道を考えて発注先を選ぶことが大切です。翻訳作業の料金体系は一般に文字数と単価で決まります。単価には文字単位やワード単位があり、これは言語の種類や納品形式によって変わります。また、納期に文字量などによっても変わってくるので見積もりで確認してから発注することが大切です。一般的には1文字10円から20円前後が相場となっていますが、依頼内容によって随分変わるので必ず事前の見積もりで料金を確認しておくことが必要です。また、翻訳会社によっては初回価格や文字量に応じた割引などを行っているケースもあるので、お得なサービスを活用して品質を確かめてみるのもひとつの方法です。

Copyright© 2018 海外進出を検討しているなら必見【最良の翻訳会社を見つけ出そう】 All Rights Reserved.